2012年01月27日

思い出バイク 第三章

DSCN0055_convert_20120121183808.jpg

正式名称はVmaxである。アメリカではVmax12の名称で販売された。車体種別はネイキッドタイプともアメリカンタイプともとれない独特なもの。搭載されるエンジンは水冷4ストローク70°V型4気筒1,197cc。0mphからの発進加速での速さを競い合うドラッグレース、アメリカンなモータースポーツに参加する競技車両を彷彿させるデザインが、独特の魅力を醸し出す。発表当時、その加速力はポルシェをも凌ぐと言われ、ドラッグレースの距離0〜1/4マイル(約402m)までの到達時間は10秒台に到達する実力を誇った。発売からすでに20年以上経ったものの、日本の大型オートバイ市場の中でも根強い人気を保っている。また、燃料タンク(本物はシートの下)やエアダクトはダミーという、奇抜なデザインも人気になった。

アメリカのハーレー乗りが「クール」と認める唯一の和製アメリカンとも言われている。

40歳となりまして、三度バイク熱があがってしまいました。
免許とってどうしてもこのマシンに乗りたかったんです。

そしてロンツー。
九州、四国、北陸と主なツーリングスポットは走ったんじゃないかな。
それも日帰りか一泊二日で(笑)

5年で4万キロ近くはしりましたからねぇ。。。

って、思い出バイクになってるしっっっ



posted by gundam0311 at 18:42| Comment(3) | BIKE LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

思い出バイク 第二章

kdx125sr03b_convert_20120116083038.jpg

KDX125SRは1991年に発売された。この車両もKMX125からのモデルチェンジにあたるが、この車両についてはほかのシリーズ車種と違い、同じ排気量のエンデューロ仕様「R」が存在しなかった事から、モトクロッサーのKX125を公道仕様にする形で生産が行なわれた。これによりデザインや装備の面でかなり“本物”に近づいていただけでなく、性能の面でもエンジン出力は馬力規制上限の22psを凌駕すると囁かれたほど、125ccのデュアルパーパスとしては群を抜いて過激なまでの高性能を誇った。

排気ガス規制のため1999年に日本での販売は終了したが、日本国外仕様はその後も数年間発売が続けられた。このクラスの車両としては最も人気が高かったが、販売されている間はフルモデルチェンジが行なわれなかったことから、総合的な完成度の高さが伺えるモデルであった。

30歳になって、次女が生まれる4日前に乗りはじめました。
神戸に住んでいた頃で、なぜか職場でモトクロスやエンデューロが流行ってまして。
10年ぶりくらいにバイク人生復活ってトコでしたね。

オフの世界も楽しかったです。コケても大怪我はしませんでしたし、ある意味安全なモータースポーツなのかもわかりませんね。
まぁ、安全なスポーツなんてありませんけどね。

このバイクは10年くらい所有してました。

posted by gundam0311 at 13:08| Comment(0) | BIKE LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

思い出バイク 第一章

PHOT00000000000162CA_500_0_convert_20120113182235.jpg

スズキ・GS250FWは世界で初めての水冷250cc4気筒エンジンを搭載した市販モデル(空冷モデルではイタリアのベネリが250クアトロを1977年に市販)である。また日本で初めての市販250cc4気筒エンジン搭載車であり、当時、「クォーター・マルチ」という愛称で呼ばれた。当時ライバルとなるホンダ・VT250Fが4ストローク2気筒エンジン、ヤマハ・RZ250が2ストローク2気筒エンジンでそれぞれ250ccクラスでは当時最強となる35馬力を誇っていたため、GS250FWはスズキの対抗車として企画されたものである。 

出力は発売時4ストローク250ccクラスで最高となる36馬力を発揮し価格も479000円と国産250cc中 最高価格であった。エンジンは初心者にも乗りやすくマイルドな特性のエンジンであった。キャブは横幅を抑えるために4気筒でありながら2バレルキャブ×2の構成であり1キャブで2気筒を受け持っていた。フロントブレーキは対抗ピストンキャリパーを備えたシングルディスクとし、フォークにANDF(アンチ・ノーズ・ダイブ・フォーク)を配して最新の技術を搭載していた。リヤサスはスズキのフル・フローター・サスペンションである。ホイールはフロントが当時WGPレーサーで実績のあった16インチ、タイヤは前後チューブレス、これらをダブル・クレードル形式の角型断面スチール・パイプ製フレームに搭載していた。またメーターは4連メーターを持ちタコメーター、速度計、水温計、燃料計の4つのメーターが四角に配置されていた。

当時19歳で姫路の専門学校に通ってました。
高校生の頃に、なんとなくこのバイクいいなぁ♪と思っていたので、バイク屋で見かけて衝動買い(笑)
バイトしてローン組んではじめての相棒となりました。

なぜかバイクに名前をつけちゃったりして「サリーちゃん」って呼んでました。

そりゃ若かったですから、彼女のせて海や山に走りまわってましたねぇ。。。
ヨシムラの集合管つけてごきげんに七曲(播磨シーサイドロード)なんか走ってました。

しかーし、一年足らずで事故により大破。。。

posted by gundam0311 at 10:12| Comment(0) | BIKE LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

2012 謹賀新年

ブログあいさつ.jpg

あけまして おめでとう ございます

posted by gundam0311 at 19:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。